Dragon Lab

個人で稼げる力が身につく情報サイト

ライターでも月30万円は本気出したらすぐ稼げるし年収1000万円も狙えるという話

皆さん、こんにちは。
ドラゴン柳です。

本記事は、ライティング業務、いわゆるライターとして月30万円稼ぐための方法をまとめたものです。

構成は心構え、ライティングのコツ、仕事の探し方の三本立てでまとめました。

会社に縛られずフリーで食べていきたいと思っている人や、ライターをしているけれど収入が増えなくて困っている人はぜひ読んでみてください。

f:id:doragon_yanagi:20190124162408j:plain
Writer


心構え

まずはじめに厳しいことを言いますが、ライターという仕事はサイトコンテンツを収益モデルとした仕組みの中では、実際に手を動かす最下層の仕事です。

建物で例えると、建築士が設計をして、設計したものを現場監督が指揮をして、大工さんが指揮通りに作っていく流れになります。

この大工さんにあたる部分がライターです。

つまり、ひたすら手を動かさないとお金は入ってこないので、収入を増やそうと思うと大変な訳です。

非常に泥臭い仕事を、たくさんこなさないといけません。

ですが、大工さんではなく、いわゆる職人と呼ばれるようになると単価が上がります。

職人とは、その人しかできない特別な技術を持った人を指します。

しかし、そのような特別な技術を身に着けるには、多くの努力をしなければなりません。

まず初めに、楽して稼げるような仕事ではないという認識を持ちましょう。

そのうえで、月30万円であれば努力と根性と少しのスキルを持っていれば稼げるようになります。

実際に、いま私がライターとしても仕事を受注しはじめているのですが、月30万円であれば2,3ヵ月あれば稼げるようになると実感しています。

それでは、その少しのスキルについて、これから説明していきます。


ライティングのコツ

ライティングのコツは、いきなり全体を見るのではなく、塊ごとに意識をあてることです。

例えば、この記事を書いているときの私の思考方法を分析すると以下のようになります。

思考方法

以前にこういった記事を書きましたが、再度詳しく説明します。
www.dragonyanagi.com

1.伝えたい事

ライターでも月30万円は稼げるし、やり方次第では年収1000万円のプレイヤーにもなれるといえばなれる。

月30万円稼ごうと思ったら、どんなことを知っていればいいかを見出しにしよう。

2.見出し決め

知っていて欲しいことは、楽して稼ぎたいならライターは選ぶべき仕事ではない。

それでもライティングのコツを掴んで、効率をあげたり仕事の探し方を知っていれば30万円くらいは稼げる。

つまり、見出しにするべきことは、心構えとライティングのコツと仕事の探し方にしよう。

3.見出しを記事のテーマとして捉えて文章を書く

それぞれの見出しを一つの記事として、500文字くらいでまとめていく。

いきなり1500~2000文字はしんどいけれど、500文字であれば自分の考えや調べた知識をまとめれば意外とすぐに到達する。

もっと長い文章を書くときには、見出しの中を更に細分化して小見出しをつけることでボリュームが増す。

4.全体を確認する

それぞれの見出しが出来上がったら、最後に一番大きいテーマと軸がブレていないか確認する。

ブレている部分は修正するか、余計な要素であるため削除する。

全体を読んでみて不足している説明があれば足していく。

以上が、記事を書いているときの私の思考法になります。

これは私だからできることではなく、規模の大きい仕事をするときに、よく使う思考法であるため応用がききます。

是非、ご活用ください。


仕事の探し方

最後に、おそらく皆さんが一番知らないであろう仕事の探し方です。

一般的な方法は、サグーワークスやクラウドワークスといった、プラットフォームを利用して仕事を受注する方法です。

サグーワークス

CrowdWorks

これらのプラットフォームを利用する利点は、自分で営業をしなくていいことと、実績のない人でも仕事を受注する可能性がほかの方法と比べて高いことです。

特に自ら契約や報酬の請求業務をおこなわなずに済むので、不慣れな人にとっては非常に簡単に業務委託契約を結ぶことが出来ます。

ただし、システム利用料として少なくない手数料を取られます。

また、単価はお世辞にも高いといえないことが多く、いつまでたっても文字単価が上がらないなんてこともあります。

そこで、単価を上げるコツが以下の通りです。

単価交渉はビビらずにおこなう

ある程度継続して仕事をもらえるようになったら、単価を上げて欲しい旨を自分から発信しましょう。

発注者の心理として安く仕事をして欲しいというのは根幹にあります。

そのため、発注者から単価を上げると連絡をしてくれるクライアントは、とても良いクライアントであって通常なかなかありません。

自分から単価を上げて欲しいということで、本当にクライアントにとって役立っているライターであるなら交渉の余地はあるはずです。

あまりしつこく要望を発信するのはNGですが、言うだけならタダなのでビビらずに交渉をしましょう。


法人と直接契約をする

システムを使わずに法人と直接契約を結ぶことで、手数料を払うことなく報酬を上げることが出来ます。

また、ライターとして食べていくのであれば、法人との直接契約は必要不可欠です。

では、どのようにして直接契約をもらうのかについて書きます。

1.継続依頼から直接契約へ移行する

一番楽なのは、長く仕事を受けていて法人からオファーが来るパターンです。

これは日ごろから高品質な記事を作り、関係を良好にしておけば仕事をいただけることがあります。

納期を守って、スポット案件もなるべく受けてあげるなど、先方の期待以上の働きをするよう意識しましょう。


2.自分から営業をする

次に、会社の問い合わせフォームなどを使い自分から営業をするスタイルです。

最近では、WantedlyというSNSを使うことで、ライターの業務委託を募集している会社と繋がることが出来ます。

単価が1.5円以下のライターの方は、一度登録してみてはいかがでしょうか。

www.wantedly.com


まとめ

・ライターは楽して稼げる仕事ではなく、業務量に比例して報酬をもらう仕事である

・ライティングのコツをつかむことで、作業効率を上げることが高単価につながる

・文字単価を上げるには、単価交渉や法人と直接契約を結ぶなど工夫が必要

以上、ライターとして月30万円以上は稼げるということと、そのために必要な方法についてまとめました。

現在、単価が思うように上がらない人や、これからライターとして稼いでみたいという人の参考になれば幸いです。


これからライターになりたいという人は、まずは以下のサービスに登録して仕事に応募しましょう。

↓↓ライティング案件に特化したサービス↓↓
月20万以上の稼ぐライター続出中!



↓↓ライター以外にも在宅ワークの仕事が見つかる↓↓
CrowdWorks



プライバシーポリシー