Dragon Lab

個人で稼げる力が身につく情報サイト

忙しい人必見!サイトの運営を自動化する外注の方法とは

f:id:doragon_yanagi:20190218114842p:plain

皆さん、こんにちは。
ドラゴン柳です。

収入を増やしてやるぞ!
意気込んでブログを書いてみたり、アフィリエイトサイトを作ってみたりしたけれど、意外と忙しいし大変。

そう思ったことはありませんか?

WordPressでブログを作るのも大変ですし、デザインのカスタマイズも大変です。
また、SNSで集客しようとするのであれば、SNSの更新だって必要になります。
更に記事の作成も必要ですし、それを更新していこうと思うと毎日1000文字、2000文字の執筆が必要になります。

ここまで書いたように、稼げるサイトを作るということは意外と大変な労力が必要なのです。

しかし、そんな負担を減らす方法があります。
それは作業を外注(アウトソーシング)することです。

今回は、サイトの運営を外注で自動化するための活用方法や考え方について解説していきます。

・副業でサイト運営してるけど忙しくて手が回らない
・運営しているサイトが増えてきて自分一人では無理になってきた
・複数サイトを効率よく構築して早く稼ぎたい

こんな人は、是非最後まで読んで参考にしてください。


クラウドソーシング「ランサーズ」

外注で自動化ってどういうこと?

サイトの運営に必要な作業とは、具体的にどんなものがあるでしょうか。
大きくわければ以下の3つになる人が多いかと思います。

・記事を含むサイトデザイン
・記事のライティングと更新
・広告などの集客装置の管理

そして、これらは全てクラウドソーシングを活用することで、人に依頼することが可能なのです。
人に依頼することで自分が仕事をしているときにも、記事の作成やサイトの更新がおこなわれるようになればとても効率的です。

なぜならば、自分で対応するには一日に3時間しか時間が取れなかったことを、お金を払う代わりに24時間稼働させることも可能になるからです。
そうなったら、収入の増え方も爆発的に変わってきますので、効率的に稼ぎたい人にとっては必須スキルなのです。


クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、インターネット経由でユーザーにリソース(ここでは労力)を提供するサービスです。
インターネット上で仕事を依頼して働いてもらうことが出来るんです。

しかし、仕事を依頼といっても、どのように仕事を依頼すればいいのでしょうか?
お仕事の依頼方法について説明いたします。


仕事のマッチングサービスを利用する

仕事を依頼するには、仕事をお願いしたい人と仕事を受けたい人を繋ぐ、マッチングサービスを利用する方法があります。
代表的なサービスは、クラウドワークスとランサーズです。

詳細日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」

詳細日本最大級のフリーランス総合支援サービス【Freelance Basic】

初めて仕事を依頼したい場合は、この2つの内どちらかを使うことをオススメします。
理由は、報酬の支払いについて管理をしてくれるからです。

仕事を依頼する際に問題となるケースの多くは金銭面でのトラブルです。

・お金を払ったのに依頼していた仕事があがってこない
・成果物を納品したのに報酬が支払われない

このような問題を、クラウドワークスやランサーズを利用することで、第三者であるサービスの提供元が管理をおこなってくれるため、未払いや持ち逃げを防いでくれるのです。


スキルシェアサービスを利用する

仕事を依頼する方法として、スキルを持った人が自分のスキルを出品するスキルシェアサービスを利用する方法があります。

先ほどのマッチングサービスと違う点は、マッチングサービスは仕事を発注してその仕事に対して仕事を行う人が応募するのに対して、スキルシェアサービスは仕事を受ける側が出品して仕事を依頼する側がそれを選ぶという点です。
つまり、記事のライティングが得意な人やサイトデザインが得意な人たちがスキルを出品し、その中から仕事を依頼する側の人が値段とレベル感で選ぶことになります。

代表的なサービスは、ココナラが有名です。

詳細TVCMで話題のココナラ

こちらも、マッチングサービスと同様に支払いの管理はココナラがおこなってくれるため、管理の手間が省けるのがメリットです。


外注で損しないようにするコツ

ここまでメリットを並べましたが、当然お金を支払うことになるためお金を稼ぐうえで全部自分でやるよりリスクが存在します。
そこで、損をしないようにするコツを伝授したいと思います。

損しないようにするコツとは、損益分岐点を意識するということです。
外注をするということは、コストがかかるためそれより儲けがないと赤字になってしまいますよね。
その赤字と黒字のバランスが、どのようになっているのかざっくりでもいいのでシミュレーションすることで損をしにくくなります。

また、元々自分が思い描いているビジネスの計画が破たんしていないかどうかの検証にもなるため、覚えていて損はないです。


損益分岐点とは

損益分岐点とは、支払い(コスト)に対して収入がどれだけあればプラスマイナス0になるのかを表した点のことです。
ここで重要なのは、点ではなくプラスマイナス0になるためのシミュレーションした数値を図にすることが重要です。

例えば、以下のグラフを見てみましょう。

f:id:doragon_yanagi:20190218120006p:plain

これは、私が実際に外注でAdSenseで収益を上げるタイプのサイト運営をおこなおうと考えた際におこなったシミュレーションの一例です。
このように、最初は外注費に対して利益がほとんどないため赤字となります。

しかし、その後徐々に記事数とPV数が増加するにつれて発生報酬が増えるはずですので、外注費より収入が増えるときが来ます。
シミュレーションでは、おおよそ13万円ほどの赤字で底を打って黒字に転換していき、半年ほどで採算が取れそうです。

このようにシミュレーションをしておくことで、15万円ほどの費用を用意しておく必要があることがわかります。
また、赤字になってもこんなもんだという安心感も得ることが出来ます。

シミュレーションの時点で黒字に転換しない場合は、計画が破たんしているため失敗する前に修正をおこなうことも出来るので損しにくくなります。
後は実際に運用してみて実績を効果測定し、シミュレーションと著しいかい離がないか確認すれば更に損をしにくくなります。

AdSenseについての関連記事

www.dragonyanagi.com

www.dragonyanagi.com


まとめ

サイトの運営を自動化する外注の方法とは、大きく分けて以下の二つの方法です。

・仕事のマッチングサービスを利用する
・スキルシェアサービスを利用する

また、コストがかかる分、前もって計画をすることが重要になってきます。
損をするリスクを少しでも軽減させるために、損益分岐点を把握しておくなどの計画をしっかりとしておきましょう。

仕事を自動化するということは、自分の作業を減らしつつ利益を増やしていく魔法のようなスキルです。
仕事をしながらサイト運営をしているので忙しいという人こそ、自動化をすることで負担を減らせるため重要なスキルと考え方になります。

仕事を人にお願いしながら収益化を目指してみてはいかがでしょうか。
副業で大きく稼ぎたい人や、外注を考えている人の参考になれば幸いです。


↓↓仕事の発注にオススメのサービス一覧↓↓









プライバシーポリシー