Dragon Lab

個人で稼げる力が身につく情報サイト

サラリーマンへ贈る人より給料を上げる方法

皆さん、こんにちは。
ドラゴン柳です。

皆さん、給料を上げたいと思ったことはありませんか?

サラリーマンの給料というのは、黙っていても簡単には上がりません。

給料にも上げ方が色々あるのです。

今回は、そんなサラリーマンの方へ、給料の上げ方を教えたいと思います。


一般的な昇給の仕組み

一般的に給与がどのように決まっているかというと、企業が定めている人事評価に基づいて給与テーブルが存在しています。

つまり、給与テーブルが存在する会社の場合、基本的にルールの中でしか給料は変動しません。

そのため、このようなしっかりした制度のある上場企業のような会社で働いている人の給料を上げるには、あまり選択肢がありません。

その選択肢とは、以下の二つです。

  1. 資格を取得する
  2. 階級を上げる

まず一つ目ですが、業務に関係する資格を取得することで資格手当がつくことがあります。

月に数千円の場合もありますが、例え3,000円だったとしても年に36,000円です。

月に一度安い飲み会程度もらえると思えば、それだけでも結構楽になると思いませんか?

取得する費用を会社が出してくれることもあるため、
資格は積極的に取っていきましょう。

次に階級を上げる方法です。

給与テーブル上で、給料を上げるための1番大きな要素は役職手当です。

つまり、このような会社で給料を上げていこうと思った場合、出世するほかないのです。

ここまでは、非常に当たり前の話をしました。

しかし、世の中には当たり前のことをしっかり把握出来ている人が、本当に少ないのです。

まずは、この当たり前のことを理解したうえで、じゃあ給料を上げるためにどうすればいいのかを解説します。

転職を上手く利用する

給料を人より上げていくには、給与テーブル上に乗っていては差をつけることが出来ません。

では、給料を上げるにはどうすればいいのかというと、転職を上手く活用することです。

上手く活用するというのは、どういうことなのか具体的に説明していきます。

まず、一般的な昇給の仕組みについてで書いたように、給与テーブルがあると劇的に給与が上がることはありません。

では、給与テーブルが定まってないような、若い会社に行くとどうでしょうか?

基本的に会社に貢献して結果を出せば、給与は会社の成長にあわせて上がっていきます。

もちろん会社の業績が上がらなければ、倒産などのリスクもありますが、人より多くのものを得ようとするにはリスクは避けられません。

また、昨今は伝統のある会社でも不祥事や赤字転落など、リスクが潜在している時代です。

リスクは自ら選択して把握してる分にはコントロールできるものですので、必要以上に怯えずチャレンジしてみましょう。

まとめ

給料を上げるために必要なことは、どのような仕組みで昇給が行われていて、何がボトルネックになっているのか理解することです。

人事制度についても、良い会社と悪い会社と本当に様々です。

リスクを取っているのにリターンが少ない会社で働いても給料に反映されませんし、逆に実はリスクが少なく他の会社より貰ってることもあります。

自分が世の中でどんなポジションに立っているのか、客観的に見つめて進むべき道を見極めることが出来ればきっと給料は上がっていきますよ!

また、現代の世の中の流れは非常に早いです。

自分がどんな立ち位置にいるのかも気付けばすぐに変わります。

そのため、今その気がなくても市場の需要を知るために転職する気がなくても転職サイトに登録だけでもしておくことをオススメします。

転職エージェントの人と仲良くなっておくことで得られる情報とかもありますよー。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
Twitterで発信や、ココナラで起業や副業の相談にも乗っております。
私のノウハウを基に、あなたに合ったビジネスモデルを提案いたします。

もし、ご興味がある方はご連絡ください。
以上、ドラゴン柳でした。

ココナラ:
https://coconala.com/services/672421

Twitter:
@doragon_yanagi

オススメのWordPressテーマ


オススメのレンタルサーバー


プライバシーポリシー